塾長のブログ

ブログ詳細

憲法第9条


中学3年生「公民」の定期テストの問題に次のような穴埋め問題があった。

  憲法第9条第1項 

        日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、

    国権の発動たる(       )と、(       )による威嚇または

    (       )の行使は、(                 )を解決する

    手段としては、永久にこれを(       )する。

答えは、「戦争」、「武力」、「武力」、「国際紛争」、「放棄」だ。

条文解釈の問題は中学生には難しすぎるため、どうしてもこのような条文の穴埋め問題になってしまうんだろう。

 

そして最近、この条文に関して解釈の変更が閣議決定された。

それは、「わが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が行われた場合、必要最小限の実力を行使できる」というものだ。

憲法の条文からどうしてこのような解釈が導かれうるのか、

これを子供に説明するのは難しい、

というより、私には説明できない。

どうしても集団的自衛権を認めるというのなら

憲法を変えるのが筋だと思う。

  

 

 

 

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook