塾長のブログ

ブログ詳細

メシが食えないのは警察の責任ではない


三鷹にある大成高校から入試説明会の案内を頂いた。場所を調べると学生時代に下宿していた三鷹市下連雀に近い。少し早めに出て、前の下宿あたりに寄ってから行くことにした。
吉祥寺駅を降りて井の頭公園を左に見ながら歩く。道沿いの木々が高くなり、緑が深くなったように感じる。それもそうだろう。あれから30年だ。玉川上水を越えると下連雀。下宿は銭湯の隣にあったが、その銭湯はなく、以前の下宿も当然のことながらない。下宿のおばさんは当時60歳をとうに越えていた。生きていれば100歳に近い。時の流れを感じながら歩いていくと、吉祥寺通りと下連雀通りが交差するところ。あった、懐かしの交番が。

冬のある日のこと。寒いしお金も無いので下宿で寝ていると、友人が訪ねてきた。「酒を飲もう」と。ラッキーと思ったのもつかの間。そいつもお金が無く、私を頼ってきたのだった。他の友達のところに行くにも交通費がかかる。困った私たちは、交番でお金を借りることにした。
交番に行くと若いおまわりさんが一人。
「お金を貸してください」と言うと
「なぜだ」と。
「メシが食えないからです」と私たち。
それに対しておまわりさんが言った言葉。
「メシが食えないのは警察の責任ではない」
私はいまだかつて、これ以上説得力のある言葉に出会ったことがない。
納得して帰ろうとすると
「いくらだ」とおまわりさん。心の中に豆電球がぽっとともる。
「できれば一人100円ずつ」と恥ずかしげもなく私たち。
すると、財布を取り出して2000円貸してくれたのだ。
そのお金で、私たちは球磨じょうちゅうとつまみを買った。

多くの人の優しさに包まれて、甘えていた時代。
懐かしい思い出ではあるが、もう少しまともな学生生活を送っていればとも思うのである。

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook