塾長のブログ

ブログ詳細

マーブルありがとう


愛犬マーブルが死んだ。12年と半年の命だった。
飼い始めたのは福岡県久留米市に住んでいた頃、長男が高2、次男が中3、娘が中1の時だ。子供たちが中学、高校という難しい時期に共に生きた。当時は親子げんか、兄弟げんか、夫婦げんかは日常茶飯事。けんかをするとマーブルがほえるので、関心がそちらに移り、相手への攻撃意欲が失せた。「子供たちがぐれなかったのは、マーブルのおかげ」は妻の口癖だ。妻の私に対するストレスも、マーブルが受け止めてくれていたことは間違いない。

マーブルの死を海外で暮らす長男に伝えるかどうか迷ったが、伝えることにした。長男が飼いたいと言って飼い始めたこともあり、人一倍かわいがっていた。ペット以上の存在だったろう。その寂しさを想うとつらい。
半分プータローの次男は、比較的家にいることが多いため、よく世話をしてくれた。一方、名付け親ではあるが、気が向いた時だけかわいがって、世話をすることは一切無かった娘も最近静かだ。「せめて親よりは長生きして欲しい」と言っていたが、あながち冗談ではなかったのかもしれない。

荼毘に付されるとき、妻と二人で「マーブルありがとう」と言いながら見送った。あれから1週間。マーブルのいない生活に慣れるにはもう少し時間がかかりそうだ。
ある人が教えてくれた。「犬は飼い主の悪いものを背負って身代わりとなって死んでいくのだ」と。そうであれば、私たち家族はそれぞれ、それぞれの目標に向かって新たなスタートを切らねばなるまい。
しかし、弱虫な私はさまざま思いや、在りし日のマーブルの姿が頭をめぐり、なかなか前に踏み出せずにいる。
困ったものだ。

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook