塾長のブログ

ブログ詳細

みんなちがって、みんないい


AC(公共公告機構)のCMで金子みすゞの「こだまでしょうか。いいえ誰でも」という詩が流れているが、彼女の作品は小中学校の教科書や教材によく取り上げられている。そのひとつに「わたしと小鳥とすずと」というのがある。

わたしと小鳥とすずと
金子みすゞ
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴るすずは私のように、
たくさんな唄(うた)は知らないよ。

すずと、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

この詩は、私が地方の組織を任されていたときに、ある人から教えてもらった。その人は「人はその長所を見よ」あるいは「一人ひとりを大切にせよ」と言いたかったのだろう。

最近、小学生の列に大型のクレーン車が突っ込んで、多くの幼い命が失われるという痛ましい事故があった。事故を起こした26才の運転手にはてんかんの持病があり、それを隠して仕事をしていたという。運転手を厳罰に処すべきという意見があるが、一方で持病を隠さなければ就職できないという悲しい現実にも思いを致す必要があろう。ここにも、私たちが取り組まなければならない課題がある。

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook