塾長のブログ

ブログ詳細

道化師のソネット part2


今年も残り1か月。受験を目指す塾生たちは不安を抱えながらも、それぞれ、それなりに頑張っている。さだまさしさんの「道化師のソネット」という歌に次の歌詞がある。

僕らは別々の山を
それぞれの高さ目指して
息もつがずに登っていく
山びとたちのようだね

君のその小さな腕に
支えきれないほどの哀しみを
せめて笑顔が救うのなら
僕は道化師(ピエロ)になろう

彼ら受験生に接していると、この歌を思い出す。この歳になると、受験の失敗など長い人生の中では些細なことだと自信を持って言えるが、今の受験生にそれを言うわけにはいかない。
ある会社の人事担当の役員がこんなことを言っていた。「いわゆるいい大学を出た人間はできるというわけではないが、難しい入試に挑戦し乗り越えた経験がある。困難にぶちあたった時に、何とかして乗り越えようという泥臭さを持っている。」と。

受験生が山びとなら、私は道化師(ピエロ)の役割を演じよう。
この歌には次の一節もある。
「きっと誰もが同じ河のほとりを歩いている」

 

 

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook