塾長のブログ

ブログ詳細

消費税


消費税論議で何やら騒がしい。
消費税について子供たちに話すのは、まずは小学5年生に割合を教えるとき。
「1000円の商品に5%の消費税がかかると1000円×1.05で1050円になります。」
もう一つは中学3年生の公民。
「消費税は間接税。君たちが自分の小遣いで買い物をする時、たいがい5%の消費税を払っています。しかし納めるのは店の人。つまり負担する人と納める人が違うから間接税。」
ある時、生徒が
「金持ちのおじさんも私たちも同じ税金っておかしいよね。」と。
「そうだね。形式的には平等だけど、実質的には平等と言えないね。」
(ちなみに、金持ちのおじさんとは私のことではありません)

消費税増税論者はもちろん、反対する人でも、「いずれは消費税を上げざるを得ない」と言う。それが国民のコンセンサスだと。本当かな?そりゃあ今までと同じやり方だと、少子高齢化で国のお金は足らなくなるでしょう。
「一事ヲ生ズルハ一事ヲ省クニシカズ」
モンゴル帝国の宰相だった耶律楚材の言葉です。一つのことを作り出すよりは一つのことを省くことに及ばないということ。
政治家は「これをやります」とは言うが「これをやめます」とはあまり言わない。しかし、これからは「やめます」と言うほうが国民の幸せにつながるかも知れないね。原発問題もしかり。
「断じて行わざるも勇なり」。

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook