塾長のブログ

ブログ詳細

仮定法


大学受験が佳境に入ってきた。塾を開いて間もなく入ってきてくれた中学1年生3人が、早いもので高校3年生。すでに大学が決まった生徒もいるが、これからが本番という生徒もいる。日々子供たちと一緒に過去問に取り組んでいる。そして最近感じるのが英語の難易度が年々上がっているということ。その結果、授業の準備に相当時間がかかっている。
そんな中、今日は仮定法の歌を聴いてみよう。まずはエリック・クラプトンの「Tears in Heaven」
Would you know my name If I saw you in heaven ?
(天国で会ったら、僕の名前を憶えていてくれるかい?)
事故で死んでしまった息子のことを歌った歌です。

 

 

もう1曲はボブ・ディラン作の「If Not for You」
私のお気に入りのフレーズは
If not for you ,the wintetr would hold no spring
うまい訳を思いつかないが、「If not for you」は、君がいなかったらということ。受験英語では「If it were not for you」とか「But for you」、あるいは「Without you」になるところ。若き日のオリビア・ニュートンジョンのバージョンで。

 

 

先日、学生時代に彼女のレコードをよくかけていた地方都市に住む友人が訪ねてきてくれた。今も聴いているかどうか聞くのを忘れたが。

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook