塾長のブログ

ブログ詳細

憲法13条


僕は法学部に籍を置きながら法律を勉強しない学生だった。それでも憲法初学者向けの教科書、芦部信喜著「憲法」(岩波書店)は今でも本棚に飾ってある。
その本の初めの部分に、「憲法は、国家権力を制限して国民の権利・自由を守ることを目的とする」とある。
最近、憲法改正について議論がなされていて、一部の政治家、識者が、「憲法は国民に義務を課すものではなく、国家を縛るものなのだ」という趣旨の発言をしているのを耳にする。憲法を理解するうえで、憲法改正がいいか悪いかは別にして,憲法について語るのはいいことだろう。
憲法の中で僕が大切だと思う条文は憲法13条。
「すべて国民は個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」
日本国憲法は国家の尊厳よりも個人の尊厳に重きを置いている。

高校時代、下手なギターを弾きながら、僕はこんな歌を歌っていた。

 

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook