塾長のブログ

ブログ詳細

Back In The U.S.S.R


前回触れた元CIA職員スノーデン氏。彼のロシアへの亡命が1年間という期限付きだが認められた。今までロシアからアメリカへの亡命というのは聞いたことがあるが、逆は初めて聞いた。ロシアの決断を恐らく、国際世論は支持するだろう。 そんなロシアだが、表現の自由が最大限尊重されているとは言い難い。次のような記事を見つけた。

<ポール・マッカートニー、露女性バンド釈放要請>
元ビートルズのポール・マッカートニーは23日、ロシア正教総本山でプーチン大統領を批判するパフォーマンスをして服役している女性2人の即時釈放を求める書簡を、ロシア当局に送ったことを明らかにした。自身のウェブサイトで書簡の一部を公開した。
書簡は手書きで「世界が見守っている」としている。
服役しているのはバンド「プッシー・ライオット」のメンバー3人のうちの2人。ともに懲役2年の刑期満了前の釈放を求め、1人がハンガーストライキを宣言している。
(2013年5月23日共同)

ポールは10年前の2003年、プーチン大統領の招きでロシアを訪れ、赤の広場でコンサートを行ったことがある。その時の映像がこれ。プーチン大統領の顔も見える。曲は「BACK in the USSR」(ソ連に帰って来たぜ)。

 

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook