塾長のブログ

ブログ詳細

不定詞 副詞的用法


国語でも英語でも「副詞って何?」と聞くと、大概の中学生は正しく答えられない。教えてもすぐに忘れる。ということは、知らなくてもたいして困らないということか?
副詞とは動詞、形容詞等を修飾する品詞。これは国語でも英語でも同じ。
不定詞の副詞的用法が出てくる歌と言えば、スティービー・ワンダーの
「I Just Call To Say I Love You」
( 君に”I Love You”と言うためだけに電話をした)。
英語の教科書にもよく取り上げられています。 不定詞の形容詞的用法もよく出てきます。

No New Year’s Day to celebrate
(祝うべき新年でもない)
No chocolate covered candy hearts to give away
(君にあげるハートのチョコレートもない)
No first of spring
No song to sing
(歌う歌もない)
In fact it’s just another ordinary day

No April rain
No flowers bloom
No wedding Saturday within the month of June
But what it is, is something true
Made up of these three words that I must say to you

I just called to say I love you
I just called to say how much I care
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

 

 

クィーンの有名な歌に「I was born to love you」(君を愛するために生まれてきた)というのもありますが、もう少し古い歌で、ステッペン・ウルフの「Born to be Wild」。邦題は、「ワイルドでいこう」。映画「イージー・ライダー」でも使われました。

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook