塾長のブログ

ブログ詳細

冤罪事件について思う


 袴田事件で再審が認められ、死刑囚の袴田巌氏は「これ以上拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する」として即日釈放された。

48年にわたる拘置。袴田さんの悲しみ、怒りは想像を絶する。それでも検察は即時抗告を行った。

同じ日、福岡地裁において飯塚事件の再審請求が棄却された。この事件では一審、二審で死刑判決、最高裁で死刑が確定、それから2年という異例の早さで死刑が執行された。

死刑執行は、足利事件で過去のDNA鑑定に疑問が投げかけられていたさなかの出来事だった。

 

 同じく冤罪事件の可能性がある「名張毒ぶどう酒事件」。それを扱った映画で、死刑囚の母親を演じた女優の樹木希林さんが、舞台あいさつでこう述べられたそうだ。

「覚悟はできている。これで仕事はもう無くなるかもしれないけど、この年だからもういいか」と。この言葉は、裁判所の判決に異を唱えることの難しさをよく表している。

「政府が右と言うものを左と言うわけにはいかない」と言ってはばからない人をトップに頂く放送局は言うに及ばず、政治家、芸能人等のスキャンダルはそれこそ鬼の首でも取ったかのように騒ぎ立てる週刊誌でさえ、冤罪事件に対する追及は甘い。

 

 「国家にしかできない犯罪は戦争と冤罪」と言った人がいる。冤罪は警察、検察、裁判所という国家権力が寄ってたかって一人の人間を責めたてる、命さえも奪いかねない凄惨ないじめとも言える。
 大人は子供にいじめはいけないと教える。黙って見ているのも卑怯だと。私は卑怯な大人のままでいたくない。

学習塾 ビッグユー

住所 〒899-4101 鹿児島県曾於市財部町南俣11339

TEL 0986-72-2074
  • facebook